くもろぐトップへ戻るくも識

中層雲(CM1~CM9)

(1) CM0: 高積雲、高層雲及び乱層雲が全くない。

(2) CM1: As 半透明状の高層雲
灰色がかっているかまたは青みがかった色をした雲で、半分以上が半透明で、この部分を通して太陽や月を見ると、くもりガラスを通して見るようにぼんやりと見える。
高層雲にはかさの現象は現れない。

(3) CM2: As、Ns 不透明状の高層雲または乱層雲
全天の半分以上の雲が、太陽または月を隠すほど十分に濃密な高層雲または乱層雲である。

(4) CM3: Ac 半透明状の高積雲
大部分が半透明の高積雲で、種々の雲塊はゆっくりと変化し、すべて単一の層であり、彩雲が見られるのはこの雲である。もし高積雲の半分以上の雲が太陽や月を完全に隠してしまうほど厚いときは不透明状の高積雲とする。

(5) CM4: Ac 半透明状の高積雲(レンズ状)
レンズ状またはアーモンド状の形をした高積雲で、雲の大部分は太陽や月の位置がわかる程度の高積雲である。またこの雲は2層以上の異なった高度に出現し、形は常に変化している。
空に広がる傾向はない。

(6) CM5: Ac 半透明状の高積雲
帯状の高積雲または2層以上に重なった層状の高積雲で、CM-7の雲と異なり次第に空に広がる傾向がある。
モザイク状、ロール状、または帯状で地平線の一端から天頂に広がる傾向があるが先端の動きが止まったとき、または反対の地平線に到達したときはCM5としない。

(7) CM6: Ac 積雲または積乱雲から発生した高積雲
積雲の成長過程で安定層に達し、横に広がってできた高積雲。また安定層に達してから一時横に広がった後、再び成長を続けて積乱雲に発達した場合に、横に広がった高積雲が残ることがある。

(8) CM7: Ac 多重層の高積雲(半透明、不透明)
半透明または不透明の高積雲が主体となっており、次の3つに分ける。
a 高層雲または乱層雲を伴う高積雲
b 空に広がる傾向のない単層の不透明な高積雲
c 二層以上の半透明または不透明な高積雲

(9) CM8: Ac 塔状、ふさ状の高積雲
小さな塔またはこぶ状に盛り上がった高積雲、またはふさ状の積雲のような外観をもっている高積雲

(10) CM9: Ac 混沌とした空に現れる高積雲
この空のおもな特徴は混沌として、重苦しく、よどんだような外観である。中層の雲は重なりあって、種々の形の雲があって、変化する過程の雲である。一般には、この空にはまた種々の下層の雲と上層の雲が現れている。

(11) CM-: CMの雲が見えない。
暗闇、霧、高い風じん、または他の同様な現象でCMの雲が見えない。低い雲が連続した層を形成しているためCMの雲が見えない。

雲形の略語:中層の雲
(1) 高積雲(Altocumulus) 英字略語(Ac)
(2) 高層雲(Altostratus) 英字略語(As)
(3) 乱層雲(Nimbostratus) 英字略語(Ns)

「雲の状態分類について」へ


出典:気象庁地上気象観測指針


くもろぐサイト版ご利用のみなさま

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!

iPhone/iPad版   android 版

 

ページトップ