くもろぐトップへ戻るくも識

上層雲(CH1~CH9)

(1) CH0:巻雲、巻積雲、巻層雲がまったくない。

(2) CH1:Ci 毛状の巻雲、かぎ状の巻雲
この符号に相当する巻雲は、空に次第に広がる傾向がなく、ほとんど直線に近いか、多少カーブした繊維状の形で現れる(毛状の巻雲)。また、頭が丸みをおびていない、かぎ状、コンマ形の巻雲(かぎ状の巻雲)である。

(3) CH2: Ci 濃密な巻雲(積乱雲から発生したものでない)
片またはもつれた束の形をした巻雲(ふさ状の巻雲)および、小さな塔またはこぶのような突起をもった巻雲(塔状の巻雲)である。通常増加せず、ときには積乱雲の上部のなごりのように見えるが、直接または間接的な根拠がない場合は積乱雲から発生した巻雲とはしない。

(4) CH3: Ci 濃密な巻雲(積乱雲から発生した巻雲)
積乱雲の上部から発生した濃密な巻雲で、かなとこ状の形をしていることが多い。空に現れている巻雲のうちのひとつは積乱雲から発生した直接または間接的な証拠がある。

(5) CH4: Ci 空に広がりつつあるかぎ状または毛状の巻雲
普通は全体として厚くなっていく。巻雲ははじめ地平線の一部に現れ、雲の前面が次第に反対方向の地平線に向かって広がる。
この巻雲の端がかぎのように曲がっていたり、コンマの形をしていることが多く、帯状に並んで空を横切り、地平線上の一点または相対する2点に収束しているように見えることが多い。

(6) CH5: CiとCs 巻雲と巻層雲または巻層雲単独
巻層雲が現れていて次第に空に広がって行くが、地平線上45゜以上の高さには達していない。通常、巻層雲の前には巻雲が現れていることが多く、この巻雲はかぎ状または毛状の巻雲で、空の一部を横切っており、地平線上の1点または相対する2点に収束している。

(7) CH6: CiとCs 巻雲と巻層雲または巻層雲単独
巻層雲が現れていて空に広がり、地平線上45゜以上の高さに達しているが、全天を覆ってはいない。巻層雲の前面には毛状またはかぎ状の巻雲があり、帯を流したような形に並んで、空の一部分を横切り、地平線上の1点または相対する2点に収束してるようにみえる放射状の巻雲や魚の骨格状の巻雲がある場合がある。
通常はCH5から変化する。

(8) CH7: Cs 巻層雲
空全体を覆っている巻層雲で、異なった高度に巻雲、巻積雲があってもよい。
通常はCH6から変化する。

(9) CH8: Cs 巻層雲
巻層雲のベールが次第に空に広がって行くことがないか、または以前は広がっていったが観測時には広がりが止まっており、かつ全天を完全に覆っていない巻層雲である。

(10) CH9: Cc 巻積雲
巻積雲が単独で現れているか、または巻雲や巻層雲とともに現れている(この場合は巻積雲の雲量が卓越している)場合に限り使用される。

(11) CH/:CHの雲が見えない。
暗闇、霧、風じんまたはこれに類する現象でCHの雲が見えない。低い連続した雲があり、CHの雲が見えない。低い雲のすきまからCHが見えても、その型が判定できない。

雲形の略語

上層の雲
(1) 巻雲(Cirrus) 英字略語(Ci)
(2) 巻積雲(Cirrocumulus) 英字略語(Cc)
(3) 巻層雲(Cirrostratus) 英字略語(Cs)

「雲の状態分類について」へ


出典:気象庁地上気象観測指針


くもろぐサイト版ご利用のみなさま

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!

iPhone/iPad版   android 版

 

ページトップ