くもろぐトップへ戻るくも識

中層雲

(1) 高積雲(Altocumulus) 英字略語(Ac)
高積雲は白または灰色、あるいは白と灰色の片、一般に陰があり、薄い片、丸い塊、ロール状等からなる層状の雲である。ときには部分的に繊維状かぼけた輪郭をしていて、くっついたり離れたりしている。

ア 層状の高積雲

a モザイク状の高積雲
薄く丸みをおびた雲塊が比較的規則正しく配列し、雲塊の間は離れているときと、くっつきあっているときとがある。通常は半透明であるが、部分的に不透明な場合もある。
雲塊の中に陰がある。
雲塊の大部分が地平線上30゜以上の仰角で観測されたとき、見かけ上の幅は1~5゜である。
このタイプの雲の厚みは通常500m以下である。
このタイプには2つまたはそれ以上の水平に重なって出現する場合があり、下層に高層雲が広がることもある。
モザイク状の高積雲は、ときに波状を呈することがある。

b ロール状の高積雲
複数の並列したロール状または畑のうね状の外観があり、白または灰白色の不透明な雲である。ロールとロールの間は、通常くっついているが、くっついている部分は明るい。

c レンズ状の高積雲
レンズ状、またはアーモンド状をした高積雲の片で、散在し通常はっきりした輪郭をもった雲で半分以上が半透明である。
この片はびっしり密集した小さい雲塊からなる。
レンズ状の高積雲は2つまたはそれ以上の層に重なって出現することがある。またレンズを長く引き伸ばしたように天空の一角をよぎるように現れることがある。
レンズ状の高積雲はいずれも陰がある。
レンズ状の高積雲には、まれに雲層に丸い穴があいたり、蜂の巣のように見える雲が出現することがある、これはレンズ雲の変形雲である。
レンズ状の高積雲の厚みは通常200m以下である。

d 積雲または積乱雲から発生した高積雲
不透明な高積雲で、積雲が鉛直に発達する過程において安定層に達して、その頂が広がってできる雲である。
このタイプの高積雲は積雲の横の部分に現れることもある。これは安定層で積雲の発達を完全に止めることができないで、一時的に広がったあとに再び積雲が発達した場合である。ときには雲の上部付近に雲をとりまくようにリング状に現れることがある。
積雲から発生した高積雲が片の形になるのは発生の仕方によるものであるが、最初、これらの大きな暗い塊からなる片はかなり厚く、不透明である。
下面はさざなみ状をした浮き彫り状を示すことがある。その片は薄くなり、最後に、離れた小片に分裂する。いろいろな変化の段階にある高積雲の片がしばしば同時に現れることがある。

イ 積雲状の高積雲

a 塔状の高積雲
少なくとも雲の上部のどこかで、やぐらのような形の積雲形の盛り上がりを示し、そのため西洋の城壁のような外観をしている高積雲である。
積雲状の雲の雲塊は共通な水平の底をもち、線状に並んでいる。塔状の特徴は横から見ると特によくわかる。
この雲の存在はその高さの層の不安定を示すものである。

b ふさ状の高積雲
積雲状の外観をもつ小さいふさからなる高積雲で、これらのふさの下部は多少ほつれていて、しばしば繊維状の尾(氷晶尾流雲)を伴っている。
この雲の存在は塔状の高積雲と同様に、その雲の存在する高さの層の不安定を示すものである。
このタイプの雲は通常500~1000mの厚みをもっている。

(2) 高層雲(Altostratus) 英字略語(As)
灰色がかっているか、青みがかった薄墨色で、繊維状または一様な層をなし、ときにすじやしまが見られることがあり、空の一部か全部を覆う。

ア 半透明状の高層雲
くもりガラスを通して太陽を見るように、太陽が少なくともぼんやりわかる位に薄い部分がある。半透明の高層雲は巻層雲と間違いやすいが、高層雲には太陽や月のかさ現象は現れないので判定できる。また層雲とも間違いやすいが、層雲を通して太陽や月を見るときは白くみえるが、高層雲では灰色にみえることで区別する。

イ 不透明状の高層雲
太陽や月を完全に隠してしまう厚い雲である。
高層雲の下にはときに悪天時のちぎれ雲が現れることがあるが、乱層雲に伴うちぎれ雲にくらべ雲底よりかなり離れて現れる。これは高層雲の下で降水の蒸発によって雲の下の乱れた気層が飽和するために生じるためである。
高層雲の中や雲の下層にはしばしば雪片や雨滴が存在し、地上に達するときは連続性の降水となる。
夜間、高層雲か乱層雲の判定がつきにくいときでも、雨が降っている場合は乱層雲としてよい。

(3) 乱層雲(Nimbostratus) 英字略語(Ns)
暗灰色の層状の雲で、太陽や月を完全に隠す厚い雲である。雲底はかなり不規則で、混沌とした感じをあたえるが、降水が発生すると雲底は降水のためぼやけて一様になる。
乱層雲の下には悪天時のちぎれ雲を伴うことが多い。
乱層雲からの降水は通常では連続性の降水を伴うことが多い。

「上層雲、中層雲、下層雲とは」へ


出典:気象庁 地上気象観測指針


くもろぐサイト版ご利用のみなさま

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!

iPhone/iPad版   android 版

 

ページトップ