くもろぐトップへ戻るくも識

「雷」による災害

雷は、積乱雲の位置次第で、海面、平野、山岳など場所を選ばず落ちます。
また、周囲より高いものほど落ちやすいという特徴があります※。
グラウンド、平地、山頂、尾根等の周囲の開けた場所にいると、積乱雲から直接人体に落雷(「直撃雷」といいます)することがあり、直撃雷を受けると約8割の人が死亡します※。
また、落雷を受けた樹木等のそばに人がいると、その樹木等から人体へ雷が飛び移ることがあります(「側撃雷」といいます)。
木の下で雨宿りなどをしていて死傷する事故は、ほとんどがこの側撃雷が原因です※。
遠くで雷の音がしたら、すでに危険な状況です。自分のいる場所にいつ落雷してもおかしくありません。

※冊子「雷から身を守るには」(日本大気電気学会編集)より

落雷による災害例

発生日 災害の概要 発生場所
H26/8/6 野球の練習試合中に落雷。マウンド上にいて被雷した男子高校生が死亡 愛知県扶桑町
H26/6/16 沖合3kmで操業中の漁船に落雷。男性1名死亡 青森県深浦町
H25/7/15 沖合100mの”いかだ”の上で釣りをしていた男性1名死亡 広島県大崎上島町
H25/7/8 荒川の河川敷で樹木に落雷。木の下で雨宿りをしていた男性3名のうち1名死亡、2名負傷 東京都北区
H24/10/17 海上で真珠の養殖作業中に落雷。男性1名死亡 愛媛県愛南町
H24/8/18 農道を1人でジョギングしていた男子中学生に落雷。意識不明の重体 滋賀県大津市
H24/8/18 登山中に落雷。男性1名死亡 槍ヶ岳
H24/8/18 樹木に落雷。木の下で雨宿りをしていた女性2名が死亡 大阪府大阪市
H24/5/28 尾瀬の登山道を歩行中に落雷。男性1名死亡 群馬県片品村
H24/5/6 樹木に落雷。木の下で雨宿りをしていた母と娘(小学生)が被雷し、娘が死亡 埼玉県桶川市

 

<<前に戻る  次に進む>>

出典:気象庁ホームページ

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html

落雷のようす


くもろぐサイト版ご利用のみなさま

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!

iPhone/iPad版   android 版

 

ページトップ