くもろぐトップへ戻るくも識

積乱雲とは

鉛直上方に大きく発達した濃密な雲で、外観は山や巨大な塔のような形。発達した積乱雲の頂は10kmを超えることがある。雲の頂はしばしばかなとこ状に広がる。突風、雷、強い降水を伴うことがあり注意が必要。下層雲

積乱雲についてもっと知る

ほかの雲形も見る

積乱雲の例

出典:津地方気象台ホームページ

https://www.jma-net.go.jp/tsu/bosai_edu/cloud.html

 


くもろぐサイト版ご利用のみなさま

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ!

iPhone/iPad版   android 版

ページトップ